結婚祝いのマナーや相場、ご存知ですか?

結婚祝いとしてご祝儀を用意する際のマナーは一般的でよく知られています。包む金額や枚数は吉数とされる3・5・8で合わせることや新札を使うこと、表書きの文字は楷書で書くことなどです。

ですが、実は結婚のお祝いとして贈るプレゼントにもご祝儀と同じようなマナーがあるということをご存じでしょうか。

094010

ここではあまり知られていない結婚祝いを贈る際のマナーとプレゼントの相場についてご紹介致します。


結婚祝いの贈り方

結婚祝いのプレゼントは基本的に挙式一週間前までに相手の自宅へ持参するか、配送するようにします。挙式当日は新郎新婦共にとても忙しいためプレゼントを受けとる余裕はなく、受付に渡したとしても帰りの手荷物がとても多くなるため、更に嵩張る荷物を増やしてしまうと迷惑をかけてしまうので避けるよう心掛けます。結婚式当日はご祝儀のみを持参し、贈り物は別の日に渡すようにしましょう。

ギフトを贈る日が挙式よりも後になる場合は、遅れる旨を伝えて後日に贈るようにします。その際にはお祝いのメッセージも一言添えておくと喜ばれます。相手の都合をしっかり把握した上で、カレンダー上の吉日を選びプレゼントするようにしましょう。
メッセージカード対応のギフトはこちら→「
プリザーブドフラワーを結婚祝いのプレゼントに


プレゼントの相場

ご祝儀とは別にプレゼントを用意する際の予算にも相場があります。そして相手との関係によって金額が変わるので注意しましょう。

【結婚祝いの相場】

ご両親からお子さんへ 5万円以上
ご兄弟の方へ 3万円以上
ご親戚の方へ 2~3万円
同僚の方やご友人へ 1~2万円

この相場は一人当たりの金額ですが、ご友人同士が集まって資金を出し合い大きな金額のものを贈る場合も沢山ありますので必ずしも守らなければならないものではありません。あくまでも金額より贈りたいという気持ちが大切なので、高いものにこだわらずにプレゼントを考えてみましょう。


気を付けたい贈り物として「避けるもの」

結婚はとても神聖なものであるため、不吉や不幸をイメージするものや言葉は避ける必要があります。そしてマナーとして気を付けて頂きたいポイントは、「数字」と「素材」です。

●数字に気を付ける
ご祝儀の場合もそうですが、別れや割れる数字を避けるというのが一般的な習わしです。2や4などの割り切れる数はしっかり避けるようにします。そしてそれはプレゼントでも同様です。
お店で贈り物を選ぶ際には、ギフトセットとして売られているものの内容数が4・6・9のものは選ばないようにしましょう。この数字は「苦しみ」などの不幸な意味を含んでいるとされるためマナーとして避ける必要があります。ただし2つ入りでペアのものは1つの組み合わせとして考えるため、贈り物として選んで問題はありません。

●素材に気を付ける
包丁やナイフ、陶器やガラスで出来たものは避けます。それは「切れてしまう」「割れてしまう」「壊れてしまう」という不吉な言葉を連想してしまうためです。結婚してこれから二人一緒に生きていく方々にとって、このような言葉はタブーなので注意が必要です。
料理好きな人に贈る、マナー違反にならないギフトはこちら→「結婚祝いに鍋で美味しい時間をプレゼント

この二つのマナーを守ってギフトを選ぶことによって、結婚のお祝いにふさわしい贈り物となります。普段はあまり意識をしないものですが、この機会に是非意識してギフトを選んでみましょう。


035484

結婚のお祝いとして贈り物をする場合には、内容の個数と素材、渡す日や予算の関係をしっかり念頭に置くことがとても大切です。せっかく結婚祝いとしてギフトを選んでも、マナーを守っていない内容や迷惑をかけてしまう渡し方をしてしまっては台無しになってしまいます。
心配りはしっかり最後までやり通すことで相手に伝わるものです。不吉な数字や不幸なイメージを感じさせない愛のある贈り物をして、新婚のお二人がこれから育む幸せな生活を願いましょう。

【関連サイト】
誕生日プレゼント 女性(http://garaje.jp/)